カテゴリー別アーカイブ: 個人消費

2017年、ドル安が続く理由をアメリカの実体経済に沿って説明する

トランプ相場によるアメリカの長期金利高が収まり、金利高を頼りに進んでいたドル高も勢いが弱まっている。アメリカの政界の混乱がトランプ政権の経済政策を遅延させるとの見方が強まっており、投資家はドル買いを進めることを躊躇している。

続きを読む 2017年、ドル安が続く理由をアメリカの実体経済に沿って説明する

トランプ相場で沈み始めた個人消費、貯蓄率が語るアメリカ消費者の財布の紐

金融市場でトランプ政権の経済政策への期待が剥落してゆくなか、ドルは下落し、米国株も上昇を躊躇するようになっている。

しかし、いずれにしても経済政策が実現するのは少なくとも数ヶ月か半年は先のことであり、投資家にとって当面重要なのは、それまでにアメリカの実体経済はどうなってゆくのかということである。

遠からず発表されるGDP統計に先立ち、トランプ相場が始まってから数ヶ月分の経済統計が発表されているので、そちらを眺めることでアメリカの経済成長の行方を先取りしたい。

続きを読む トランプ相場で沈み始めた個人消費、貯蓄率が語るアメリカ消費者の財布の紐