カテゴリー別アーカイブ: 為替相場

米国マネタリーベース縮小で暴落する市場、銘柄一覧

アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は、現在進行中の利上げに加えてマネタリーベースの縮小、つまり量的緩和の逆戻しを行おうとしている。

続きを読む 米国マネタリーベース縮小で暴落する市場、銘柄一覧

ガントラック氏: 長期金利上昇で2017年後半の株式市場は荒れる

2016年11月からのトランプ相場を的確に当て続けている著名ファンドマネージャーのジェフリー・ガントラック氏が米国株の波乱を予想している。背景にはドルや株式市場に影響するアメリカの長期金利が上昇を再開することがあるという。

続きを読む ガントラック氏: 長期金利上昇で2017年後半の株式市場は荒れる

2017年、ドル安が続く理由をアメリカの実体経済に沿って説明する

トランプ相場によるアメリカの長期金利高が収まり、金利高を頼りに進んでいたドル高も勢いが弱まっている。アメリカの政界の混乱がトランプ政権の経済政策を遅延させるとの見方が強まっており、投資家はドル買いを進めることを躊躇している。

続きを読む 2017年、ドル安が続く理由をアメリカの実体経済に沿って説明する

フランス大統領選挙結果速報: マクロン氏が史上最年少の仏大統領へ

5月7日に行われたフランス大統領選挙の決選投票の初期の開票結果が発表され、親EU、親グローバリズムのエマニュエル・マクロン氏の当選が確実となったことが分かった。Guardian(原文英語)などが報じている。

続きを読む フランス大統領選挙結果速報: マクロン氏が史上最年少の仏大統領へ

ガントラック氏: 長期金利は2%以下まで下落する

トランプ相場における長期金利の動きを見事に当て続けてきた債券投資家のガントラック氏が、長期金利のさらなる下落を予想している。アメリカの長期金利が更に下落するということは、ドルの下落、そして間接的には金価格の上昇を意味している。

続きを読む ガントラック氏: 長期金利は2%以下まで下落する

3月のFOMC会合結果は利上げ決定、声明文とドットプロットはややタカ派もドルが下がった理由

米国時間3月15日、米国の金融政策を司るFed(連邦準備制度)はFOMC会合で2008年以来3度目となる利上げを決定した。利上げ自体は事前の予想通りであり、これについては報じてある。

ただ、その後の市場の動きについては少し説明が必要だろうと思うので、この記事ではその点について述べてゆきたい。

続きを読む 3月のFOMC会合結果は利上げ決定、声明文とドットプロットはややタカ派もドルが下がった理由

ロシア大使との会話を巡ってフリン大統領補佐官が辞任に追い込まれる

メディアと多国籍企業だけが騒いでいる中東からの入国禁止令を除けば、トランプ政権初の失態と言える。大統領補佐官に指名され、国家安全保障問題を担当していたマイケル・フリン氏が2月13日に辞任した。

続きを読む ロシア大使との会話を巡ってフリン大統領補佐官が辞任に追い込まれる

ジム・ロジャーズ氏: ロシア市場くらいしか買えるものがない

ジョージ・ソロス氏とともにクォンタム・ファンドを立ち上げた著名投資家ジム・ロジャーズ氏が、トランプ相場で不透明になりゆく世界の金融市場についてコメントしている。Business Standard(原文英語)が報じている。

世界中を実際に旅しながら相場観を養ったロジャーズ氏らしく、アメリカのみならずインド、ロシアなどに言及するグローバルマクロ的内容になっている。

続きを読む ジム・ロジャーズ氏: ロシア市場くらいしか買えるものがない

ユーロ圏がドイツの植民地だと一目で分かる各加盟国の貿易収支比較

ユーロ圏は崩壊寸前である。2010年には欧州債務危機が起こり、南欧諸国の財政は破綻の危機に瀕した。ユーロ圏の失業率はいまだ10%近い水準であり、イタリアやフランスにはユーロ圏やEUからの離脱の兆候が見られる。

しかし何故ユーロ圏はこれほどに混乱しているのか? 移民問題などの理由もあるが、経済的な混乱の原因は、一つの経済指標を調べれば非常に端的に理解できる。それはユーロ加盟国の貿易収支である。

続きを読む ユーロ圏がドイツの植民地だと一目で分かる各加盟国の貿易収支比較

米国に麻薬密売人を流入させているメキシコ、大統領が壁ではなく懸け橋を求める

1月20日にドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任し、今後周辺国に対してどのような姿勢で外交に臨んでゆくのかが注目されているが、もっとも厳しい立場に立たされているのがメキシコである。

続きを読む 米国に麻薬密売人を流入させているメキシコ、大統領が壁ではなく懸け橋を求める