年末に金価格高騰、金利との反相関を無視して上がり続けた理由

2017年最後の世界の金融市場で印象的だったことの1つは、金価格が12月上旬の底値から一気に上がり続けたことだろう。

続きを読む 年末に金価格高騰、金利との反相関を無視して上がり続けた理由

米国金融引き締めトレード比較: ドル円、ゴールド、長期金利、ジャンク債

トランプ大統領と共和党の税制改革がようやく議会を通り、Fed(連邦準備制度)による利上げとバランスシート縮小という金融引き締め政策が続く中、以下の記事で列挙した金融引き締めトレードの進捗は様々である。

この記事では、上記の記事でリストアップしたトレード戦略のう内、ドル円の買い、ゴールドの空売り、ジャンク債の空売りの進捗をチャートとともに眺めてゆきたい。

続きを読む 米国金融引き締めトレード比較: ドル円、ゴールド、長期金利、ジャンク債

米国短期金利が利上げの限界点に到達

アメリカの金融引き締め相場をトレードするにあたり、アメリカ短期金利の動向がFed(連邦準備制度)による金融引き締めの限界を投資家に教えてくれるということは以前書いた通りだが、ついに3年物国債がその領域に足を踏み入れた。金融引き締め相場から緩和相場への移行を示唆する先ずは第一段階である。

続きを読む 米国短期金利が利上げの限界点に到達

米国長期金利急騰の理由とドル相場への影響

ドル円相場や米国株に大きな影響を及ぼすアメリカの長期金利がついに上昇した。長期金利は利上げと量的引き締め(バランスシート縮小)という強力な金融引き締め政策にもかかわらず、何ヶ月もの間上昇を抑えられていたが、これがついに上昇したということは世界の金融市場に大きな意味を持つ。

続きを読む 米国長期金利急騰の理由とドル相場への影響

ドラッケンミラー氏: 金融緩和こそがデフレの元凶

ジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドを率い、1992年のポンド危機においてポンド空売りで大儲けしたことで有名な投資家スタンレー・ドラッケンミラー氏が面白いことを言っている。デフレ脱却のために行なっているはずの金融緩和こそがデフレの原因だと言うのである。多くの現代人にとって逆説的に聞こえるこの主張だが、その理由を聞いて筆者は納得してしまった。リフレ論者も緊縮派の人々も耳を傾ける価値のある論理なので、ここに紹介したい。

続きを読む ドラッケンミラー氏: 金融緩和こそがデフレの元凶

12月FOMC会合結果は織り込み済みの利上げ、反対票が暗示する2018年の混乱

12月13日、アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合で政策金利を0.25%上昇させる決定を下した。前回の記事で書いた通り、この決定は市場の予想通りである。

いつも通り、会合後に発表される声明文の内容や市場の反応などをレビューしてゆく。

続きを読む 12月FOMC会合結果は織り込み済みの利上げ、反対票が暗示する2018年の混乱

12月FOMC会合の利上げ見通しと次期議長パウエル氏への引き継ぎ

アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は、米国時間12月12-13日に金融政策決定会合であるFOMC会合を開催する。今回の会合では今年3回目となる利上げを行う見通しである。

続きを読む 12月FOMC会合の利上げ見通しと次期議長パウエル氏への引き継ぎ

ドル円急騰、金価格下落の理由と今後の相場見通し

ドルが急騰した。一時110円近辺まで落ち込んでいたドル円は113円台半ばまで上昇し、数カ月の間1,260ドルの下値を割ることのなかった金価格は、レンジを下離れて1240ドル台で推移している。この動きについて、世界市場の様々なチャートを交えながら解説したい。

続きを読む ドル円急騰、金価格下落の理由と今後の相場見通し

ガントラック氏: ドルは下落へ、コモディティは買い、ジャンク債は売り

トランプ相場の初期を正確に予想した著名債券投資家のジェフリー・ガントラック氏がドル安を予想している。Reuters(原文英語)、CNBC(原文英語)などが伝えている。

続きを読む ガントラック氏: ドルは下落へ、コモディティは買い、ジャンク債は売り

米国株: Tesla (NASDAQ:TSLA)はバブルなのか?

米国株の中でもいわゆるハイテク株がバブルだと言われ始めてから久しいが、バブルと言われている銘柄でも質は色々であり、玉石混交である。株価は高いものの将来性のあるものの代表格はネットショッピング大手のAmazon.com (NASDAQ:AMZN)であり、逆に価値の極めて怪しいものの代表格は、電気自動車を販売するTesla (NASDAQ)だろう。

続きを読む 米国株: Tesla (NASDAQ:TSLA)はバブルなのか?