2018年米国株の推移予想、今年はセクターによって命運が分かれる年に

2018年の米国株の推移予想は微妙である。例えば著名債券投資家のガントラック氏は下落を予想しているが、今の市場には調整以上の暴落になる要因がないというのも確かである。

しかし、市場をセクターごとに分けて見れば、米国株全体よりは分かりやすい展開になるはずであり、個人的には2018年はセクターごとにパフォーマンスが分かれる年になると予想している。

続きを読む 2018年米国株の推移予想、今年はセクターによって命運が分かれる年に

ビル・グロス氏: 25年来の低金利トレンドが遂に終わった

著名債券投資家のビル・グロス氏が長らく続いた低金利トレンドの終わりを宣言した。グロス氏の務めるJanus HendersonのTwitterアカウントと月刊投資見通しで相場観を発表している。

続きを読む ビル・グロス氏: 25年来の低金利トレンドが遂に終わった

トランプ政権誕生以来最大の強気相場はこの市場

ドナルド・トランプ氏が2016年11月にアメリカ大統領選挙で勝利して以来、米国株は上がり、金利は上昇した。米国株のみならず日本株など他の資産クラスも上がったが、トランプ相場以降の値動きの中で最も重要なものを1つ挙げるとすればどれだろうか?

続きを読む トランプ政権誕生以来最大の強気相場はこの市場

ガントラック氏: 2018年、米国株は一度上昇してから大幅に下落する

2018年に入り、様々な投資家が今年の相場予想を表明しているが、先ずはトランプ相場の初期を的確に予想した著名債券投資家ジェフリー・ガントラック氏の米国株予想から紹介しよう。発言は年始のものであり、Reuters(原文英語)やCNBC(原文英語)などが伝えている。

続きを読む ガントラック氏: 2018年、米国株は一度上昇してから大幅に下落する

パウエル新議長、2012年に量的緩和に難色

アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)の議長として利上げとバランスシート縮小を進めたジャネット・イエレン氏の後を継ぐジェローム・パウエル氏が、バーナンキ議長時代の2012年に、量的緩和第3弾の開始に難色を示していたことが1月5日に公開された議事録で明らかになった。

ロイターなどが報じているが、ここではより掘り下げてお伝えしよう。

続きを読む パウエル新議長、2012年に量的緩和に難色

アメリカ個人消費が好調で利上げ撤回が遠のく可能性

2018年最初の記事はアメリカ経済の話から始めよう。

続きを読む アメリカ個人消費が好調で利上げ撤回が遠のく可能性