タグ別アーカイブ: ドナルド・トランプ

トランプ大統領と野党民主党との協力はドル高要因

相変わらず話題に事欠かないトランプ政権だが、その中でも一つ言及しておく価値のある出来事があった。トランプ大統領が遂に身内である共和党ではなく、野党である民主党との協力という手札を切り始めた。これは米国政治界のみならず、投資家にとっても注目すべき出来事である。

続きを読む トランプ大統領と野党民主党との協力はドル高要因

トランプ政権: CIAがシリア反体制派への支援を打ち切り

これには驚いた。いわゆる「ロシア疑惑」における米民主党と大手マスコミの主張の正当性が公に疑われるようになったので、トランプ大統領は遠慮なくロシアとの対立解消に向かえるようになったというころだろう。

続きを読む トランプ政権: CIAがシリア反体制派への支援を打ち切り

トランプ政権: ロシア疑惑対策で「極右」バノン氏復活か

大手メディアに「極右」「影の大統領」などと陰口を叩かれ、トランプ政権のシリア爆撃後は左遷の憂き目に遭っていたスティーブ・バノン氏が、政権の中枢に戻ってくるかもしれない。

続きを読む トランプ政権: ロシア疑惑対策で「極右」バノン氏復活か

娘のイヴァンカ氏、トランプ大統領にシリア攻撃を指示、反対した「極右」バノン氏は左遷へ

米国のトランプ政権はシリアにミサイル攻撃を行なった。トランプ大統領のこれまでの主張と矛盾するものだが、そうなった経緯については前の記事で説明した。

これに反対したのがトランプ政権の首席戦略官で、米国の大手メディアに極右の危険人物と呼ばれたスティーブ・バノン氏である。

続きを読む 娘のイヴァンカ氏、トランプ大統領にシリア攻撃を指示、反対した「極右」バノン氏は左遷へ

トランプ大統領がシリアにミサイル攻撃した理由

アメリカのトランプ政権がシリアに59発のトマホークミサイルを打ち込んだ。トランプ氏は大統領選挙中より中東問題から距離を置くことを公約にしていたため、多くの人々を驚かせた。背景についてはこれまで概ね伝えているが、トランプ大統領がシリア空爆に踏み切った理由について、やはりもう一度書いておきたいと思う。

続きを読む トランプ大統領がシリアにミサイル攻撃した理由

米国トランプ政権がシリアをミサイル攻撃、各国の反応まとめ

トランプ大統領率いるアメリカがシリアに59発のミサイルを打ち込んだ。言いたいことは色々あるが、先ずは事態の概要と各国の反応を纏めておきたい。

続きを読む 米国トランプ政権がシリアをミサイル攻撃、各国の反応まとめ

トランプ大統領: オバマケアは爆発する

トランプ政権は選挙中の公約通り、オバマ前大統領の始めた国民皆保険制度のオバマケアを廃止し、新たな制度を作る法案を提案して議会を通そうとしていたのは報じていた通りだが、結局トランプ大統領は身内であるはずの共和党議員の説得に失敗し、採決にも至らず法案を取り下げた。

続きを読む トランプ大統領: オバマケアは爆発する

トランプ政権を侵食するアメリカ政府のロシア嫌い

アメリカ政府の、というよりはアメリカ民主党のロシア嫌いが爆発している。

ロシア大使との対話を巡ってフリン大統領補佐官が辞任させられたのは報じたばかりだが、今度はジェフ・セッションズ司法長官も昨年ロシア大使に会っていたとしてアメリカのニュースでは大騒ぎである。

続きを読む トランプ政権を侵食するアメリカ政府のロシア嫌い

トランプ大統領: 移民が安全に家に帰れるよう努力したい

トランプ大統領がアメリカの議会で演説(原文英語)を行った。様々なことが話されたが、その中から特に中東の混乱と移民政策について話された部分を取り上げて紹介したい。マスコミが決して報じないトランプ大統領のまともな言葉であり、それらは人々に知られるべきである。

続きを読む トランプ大統領: 移民が安全に家に帰れるよう努力したい

トランプ大統領のDrain the swampはもう始まっている

トランプ大統領が連日アメリカのメディアに叩かれている。ロシア大使と話をしたことで辞任させられたフリン元大統領補佐官のことに始まり、メディアを通して見ればトランプ政権は機能していないように見える。

しかしこれらはすべて、大統領選挙の時から使い古されているトランプ大統領の対メディア戦略の過程に過ぎない。大手メディアはいまだにトランプ大統領の術中に嵌っているのである。

続きを読む トランプ大統領のDrain the swampはもう始まっている