「米国の債券市場」カテゴリーアーカイブ

ポール・チューダー・ジョーンズ氏: インフレはどんどん酷くなる

ブラック・マンデーを予測したことで有名な投資家ポール・チューダー・ジョーンズ氏がCNBCのインタビューでインフレについて語っている。

続きを読む ポール・チューダー・ジョーンズ氏: インフレはどんどん酷くなる

ソロスファンドCEO: ESGはエネルギー価格を高騰させる

引き続きBloombergによるSoros Fund ManagementのCEO兼CIOドーン・フィッツパトリック女史のインタビューを届けたい。今回はエネルギー価格とインフレについての話である。

続きを読む ソロスファンドCEO: ESGはエネルギー価格を高騰させる

タカ派の連銀総裁2人が在職中の株取引問題で辞任 金融政策は緩和寄りへ

米国時間9月27日、ボストン連銀総裁のエリック・ローゼングレン氏とダラス連銀総裁のロバート・カプラン氏が辞任を表明した。ローゼングレン氏は肝臓の健康問題のためと主張しているが、両氏は在職中の株取引問題で非難されており、直接的な理由はそのためだろう。

投資家にとって重要なのは、この連銀総裁らが2人とも早期テーパリング(量的緩和縮小)を支持するタカ派であるということである。

続きを読む タカ派の連銀総裁2人が在職中の株取引問題で辞任 金融政策は緩和寄りへ

世界最大のヘッジファンド: アメリカはテーパリング後に量的緩和を再開する

世界最大のヘッジファンドBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏のインタビューを紹介したい。今回はアメリカの金融政策の話である。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド: アメリカはテーパリング後に量的緩和を再開する

9月FOMC会合結果: テーパリング開始発表せず、恒大集団は中国の問題

アメリカの中央銀行であるFedは9月21日から22日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を開き、金融政策の現状維持を決定した。論点となっていたテーパリング(量的緩和縮小)については発表を見送った。

続きを読む 9月FOMC会合結果: テーパリング開始発表せず、恒大集団は中国の問題

ガンドラック氏: 量的緩和はデフレの原因

アメリカのインフレとその後のインフレ減速を見事予想したDoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がValuetainmentのインタビューで政府の緩和政策と物価の関係について議論しているので紹介したい。

続きを読む ガンドラック氏: 量的緩和はデフレの原因

サマーズ氏: 長期停滞は財政赤字で吹き飛ぶ

アメリカの元財務長官のラリー・サマーズ氏は、先進国が長期的な低成長トレンドに陥っていると主張する長期停滞論で知られるマクロ経済学者だった。しかし今では物価高騰を警告する急先鋒として知られている。

続きを読む サマーズ氏: 長期停滞は財政赤字で吹き飛ぶ

タカ派のセントルイス連銀総裁、今月のテーパリング発表の支持撤回か

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は今月21日から22日までFOMC会合を開き金融政策を決定するが、以前この会合でテーパリング(量的緩和縮小)を発表すべきだと主張していたセントルイス連銀総裁のブラード氏が、弱い雇用統計を受けて今月のテーパリング発表への支持を弱めるかのような発言をしている。

続きを読む タカ派のセントルイス連銀総裁、今月のテーパリング発表の支持撤回か