「米国の債券市場」カテゴリーアーカイブ

サマーズ氏: 現在のアメリカの物価高騰はインフレ第1波に過ぎない

アメリカの元財務長官で世界有数のマクロ経済学者のラリー・サマーズ氏がBloombergのインタビューで、バイデン政権のインフレ対策とインフレの長期見通しについて面白いことを語っている。タイトルは、ここの読者には聞き覚えのあるものだろう。

続きを読む サマーズ氏: 現在のアメリカの物価高騰はインフレ第1波に過ぎない

ガンドラック氏: 金融引き締めは株価を暴落させるまで行き過ぎかどうか分からない

債券の専門家であるジェフリー・ガンドラック氏がCNBCのインタビューで、今週のFed(連邦準備制度)のFOMC会合結果にコメントしている。

続きを読む ガンドラック氏: 金融引き締めは株価を暴落させるまで行き過ぎかどうか分からない

5月FOMC結果、2018年世界同時株安時の2倍の規模の量的引き締め開始

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は5月3日から4日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、0.5%の利上げと量的引き締めの開始を決定した。

続きを読む 5月FOMC結果、2018年世界同時株安時の2倍の規模の量的引き締め開始

金利先物市場、5月の0.50%利上げをほぼ完全に織り込み

アメリカは物価高騰を抑制するために利上げを進めている。最終的に何処まで利上げするのかが注目されがちだが、来週にはFOMC会合がある。足元の1回1回の利上げについても注目してゆこう。

続きを読む 金利先物市場、5月の0.50%利上げをほぼ完全に織り込み

市場は金融引き締めでインフレ低下を織り込んでいるのか?

世界的な物価高騰が止まらない。それでアメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は利上げと量的引き締めを断行するとしているが、それでインフレは収まると市場は思っているのだろうか?

続きを読む 市場は金融引き締めでインフレ低下を織り込んでいるのか?