「米国の債券市場」カテゴリーアーカイブ

2月FOMC会合結果で金利低下・ドル円下落の理由

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間2月1日に金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を発表した。アメリカの政策金利は4.25%から0.25%利上げされて4.50%となった。

続きを読む 2月FOMC会合結果で金利低下・ドル円下落の理由

2月FOMC会合結果の市場予想と今後の利上げ予想

さて、アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間2月1日に金融政策決定会合のFOMC会合の結果を発表する。日本時間では2月2日未明となる。

1年間続いてきたアメリカの利上げがクライマックスに差し掛かっているわけだが、この会合でFedは何を決定するのか、会合前に纏めておこう。

続きを読む 2月FOMC会合結果の市場予想と今後の利上げ予想

ガンドラック氏: アメリカの利上げは次が最後 そうでなければ株価は崩壊へ

DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がUBSによるインタビューでアメリカの利上げについて語っている。

続きを読む ガンドラック氏: アメリカの利上げは次が最後 そうでなければ株価は崩壊へ

世界最高の経済学者サマーズ氏が説明するインフレの本当の理由

世界最高の、というよりは彼ぐらいしか存命でまともな経済学者はいないのだが、アメリカの元財務長官でマクロ経済学者のラリー・サマーズ氏が世界経済フォーラム(通称ダボス会議)でインフレについて語っている。

続きを読む 世界最高の経済学者サマーズ氏が説明するインフレの本当の理由

ガンドラック氏: 景気後退入りは保証されている

経済学者のラリー・サマーズ氏は最近アメリカ経済に対していくらか楽観的な見方を示した。

一方で、DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が自社のRound Tableでアメリカ経済に対して強烈に弱気な見方を示している。今回はそちらを紹介したい。

続きを読む ガンドラック氏: 景気後退入りは保証されている

ガンドラック氏: 2023年、アメリカのインフレ率はマイナスになる可能性

DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が年始の自社のRound Table Primeで2023年のアメリカのインフレ率について語っているので紹介したい。

続きを読む ガンドラック氏: 2023年、アメリカのインフレ率はマイナスになる可能性

サマーズ氏: ソフトランディングは可能かもしれない

アメリカの元財務長官でマクロ経済学者のラリー・サマーズ氏が世界経済フォーラム(通称ダボス会議)でBloombergのインタビューを受けている。

利上げ後のアメリカ経済に長らく悲観的だったサマーズ氏の調子が明らかに変わっているので紹介したい。

続きを読む サマーズ氏: ソフトランディングは可能かもしれない

ガンドラック氏: アメリカは2年物国債金利の警告通り利下げする、中央銀行はまったく不要

DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がFOX Businessのインタビューでいつも通り面白いことを言っている。

続きを読む ガンドラック氏: アメリカは2年物国債金利の警告通り利下げする、中央銀行はまったく不要