「欧州の株式市場」カテゴリーアーカイブ

新型コロナによる世界恐慌でヨーロッパ経済壊滅の可能性

新型コロナウィルスの流行による世界的なロックダウンで世界経済は停止している。そして問題は停止していた間の経済損失だけではなく収入と資産の減少によるその後の消費停滞、経済減速だということを以下の記事で説明した。

それはどうやら2008年のリーマンショック級の不況になりそうである。それでもアメリカと日本は何とか生き残るかもしれないが、ヨーロッパ経済がコロナショック後に原型を留めていることはかなり難しいだろう。

続きを読む 新型コロナによる世界恐慌でヨーロッパ経済壊滅の可能性

新型コロナ、イタリアが流行ピーク到達を宣言

ヨーロッパにおける新型コロナウィルス肺炎の大流行はイタリアから始まったが、そのイタリアの国立の研究所がイタリアの感染者数はピークに達したと宣言した。ヨーロッパにおける新型ウィルス流行の転換の始まりである。

続きを読む 新型コロナ、イタリアが流行ピーク到達を宣言

新型コロナ株安で割安になった優良個別銘柄一覧

新型コロナウィルス肺炎の世界的流行で様々な資産クラスが急落したが、そのウィルスの流行にもピークが見え始めている。

買い始める時期だというのは書いた通りだが、今回の記事では具体的な銘柄について書いてゆきたい。

続きを読む 新型コロナ株安で割安になった優良個別銘柄一覧

ECB、新型コロナウィルスで量的緩和を拡大もドイツ株暴落

ドイツ時間3月12日、ECB(欧州中央銀行)は政策決定会合を開催し、債券を市場から買い入れる量的緩和の年末までの規模を1,200億ユーロ追加すると発表した。新型コロナウィルス肺炎がヨーロッパ中に広まっていることで景気後退が懸念されているためである。感染者が1万5,000人を超えているイタリアは国土全体を封鎖しており、スペイン、フランス、ドイツでも同じ規模の流行が懸念されている。

続きを読む ECB、新型コロナウィルスで量的緩和を拡大もドイツ株暴落

中国初新型コロナウィルスで航空株暴落継続、絶好の買い場はいつか

ここ連日中国武漢初の新型コロナウィルスの金融市場への影響について報じている。Bridgewaterのレイ・ダリオ氏の見立てでは中国株など直接影響を受ける銘柄は下げ相場が続くが、世界市場全体への影響は限られるということだった。

では直接影響を受ける銘柄の方はどうなっているだろうか。この記事ではまず一番影響を受けそうな航空会社株の動向について報じてゆきたい。

続きを読む 中国初新型コロナウィルスで航空株暴落継続、絶好の買い場はいつか

2019年後半以降の株式市場・ドル円の推移動向予想

株式市場とドル円については随時記事にしているが、ここで一度今後の動向について纏めておきたいと思う。

続きを読む 2019年後半以降の株式市場・ドル円の推移動向予想

ECB、量的緩和再開を決定、今後の相場の試金石に

9月12日、ECB(ヨーロッパ中央銀行)は金融政策決定会合を開き、既にマイナスとなっていた中銀預金金利を-0.4%から-0.5%に利下げし、量的緩和を再開することを決定した。量的緩和の規模は月額200億ユーロで、無期限の措置である。

続きを読む ECB、量的緩和再開を決定、今後の相場の試金石に

世界市場の下落相場を見て日経平均の先行きを予想する

ここでは何度も伝えている通り、2018年の市場では一番最初に新興国市場が暴落した。アメリカが利上げと量的引き締めという強力な金融政策を実行し、グローバル市場から資金を大量に引き揚げているため、一番リスクの高い新興国市場から資金が流出しているのである。

続きを読む 世界市場の下落相場を見て日経平均の先行きを予想する