「米国雇用統計」カテゴリーアーカイブ

10月米雇用統計はコロナピークアウトで改善 インフレもたらす労働力不足は続くのか

11月5日に10月分のアメリカの雇用統計が発表された。失業率は4.6%となり前月の4.8%から改善、非農業部門労働者数は53万1,000人の増加となり、前月の31万2,000人増加から回復した。10月にはアメリカでコロナがピークアウトした結果だが、問題はそれが続くのかどうかである。

続きを読む 10月米雇用統計はコロナピークアウトで改善 インフレもたらす労働力不足は続くのか

軟調な9月米雇用統計はインフレの原因、ドル円上昇は続くか

最近の経済統計によってアメリカ経済の現状が徐々に明らかになってきたのではないか。少し前に発表された9月のアメリカの雇用統計は非農業部門就業者数が19万4,000人の増加となり、労働者数の伸びが鈍化していることが明らかになった。

続きを読む 軟調な9月米雇用統計はインフレの原因、ドル円上昇は続くか

低調な雇用統計、テーパリング懸念後退で金利上昇となった理由

注目していた読者も多いと思うが、9月3日に米国の8月分の雇用統計が発表された。失業率は5.2%(7月は5.4%)と悪くなかったが、問題は非農業部門労働者数である。

続きを読む 低調な雇用統計、テーパリング懸念後退で金利上昇となった理由

ガンドラック氏: 現金給付と失業保険が失業を悪化させる

債券投資家のジェフリー・ガンドラック氏がYahoo! Financeのインタビューで様々な話題について話しているが、先ずは実体経済の問題から紹介しよう。

続きを読む ガンドラック氏: 現金給付と失業保険が失業を悪化させる

インフレを暗示する最新の米雇用統計、株価暴落か物価高騰かの二択に

最近の記事ではデフレからインフレへの転換という大トレンドに関する内容が多かったので、今回は足元の経済状況からそのトレンドへ向かっていることを確認してゆく。

続きを読む インフレを暗示する最新の米雇用統計、株価暴落か物価高騰かの二択に