世界最大のヘッジファンド: 紙幣印刷で経済成長率は救える

世界最大のヘッジファンドBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏が怒涛の勢いで論考をアップしているため、ここでは連日その内容を紹介している。

コロナ以後、紙幣印刷の悪影響を懸念する声は特にヘッジファンドマネージャーらの間で大きく、ダリオ氏もその例に漏れないが、ダリオ氏は出来る限り客観的に物事を見る論者であり、紙幣印刷の良い部分も説明しているので今回はそれを紹介しよう。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド: 紙幣印刷で経済成長率は救える

アメリカ経済、失業率はリーマンショックの高水準を維持

市場は盛り上がっているが、投資家としては着実に実体経済の様子を確認し続けたいものである。新型コロナウィルスの流行により世界中でロックダウンが行われた後に一番反応した経済指標は失業率である。アメリカなどでは大規模な店舗の閉鎖などが行われ、失業率が一時的に跳ね上がった。

続きを読む アメリカ経済、失業率はリーマンショックの高水準を維持

世界最大のヘッジファンド、コロナ株高でも米国株買い増さず

新型コロナウィルスの世界的流行で一時暴落した株式市場もその後爆発的な勢いで上昇している。証券口座の開設数が急増するなど個人投資家が買いに走っていることは間違いないが、一方でプロの動きはそれとは異なってはいる。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド、コロナ株高でも米国株買い増さず

米国株急落の理由 ハイテク株を利益確定したドラッケンミラー氏は正しかったか

米国株が急落している。9月3日から連日下落しており、ほとんど調整らしい調整もないまま上昇してきた米国株がこれほど下落するのは2月のコロナショック以来あまり無かったことである。

続きを読む 米国株急落の理由 ハイテク株を利益確定したドラッケンミラー氏は正しかったか

ドラッケンミラー氏が米国株買い増し、ハイテク株は一部利益確定

今回も機関投資家の米国株買いポジションを開示するForm 13Fを取り上げる。前回のジョージ・ソロス氏に続き、かつてソロス氏のクォンタム・ファンドを率いたスタンレー・ドラッケンミラー氏のDuquesne Family Officeを取り上げたい。

続きを読む ドラッケンミラー氏が米国株買い増し、ハイテク株は一部利益確定