「政治と文化」カテゴリーアーカイブ

世界最大のヘッジファンド: アメリカの覇権が中国に奪われる4つの道筋

世界最大のヘッジファンドBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏が非常に面白いエッセイを連日LinkedInのブログに投稿している。その内容は非常に多岐にわたるが、究極的には中央銀行が緩和する力を失った後に市場と経済はどうなるかを研究しようとしているようである。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド: アメリカの覇権が中国に奪われる4つの道筋

中国、「統計基準変更」で肺炎患者数1万人以上急増 日本の症例数にも疑問

いつかあるのではないかと思っていたが、やはりそうだった。武漢発の新型コロナウィルス肺炎の患者数の統計で、武漢のある中国湖北省が2月12日から「計算方法を変更」したことで患者数が11日の44,653人から58,761人に1万人以上急増した。30%以上の急上昇となる。

要するにそれだけの患者がもともといたということである。しかしこれまでは統計に反映されていなかった。

続きを読む 中国、「統計基準変更」で肺炎患者数1万人以上急増 日本の症例数にも疑問

EU離脱阻止を公約にした自由民主党、党首が落選

イギリスでは12月12日に総選挙が行われ、EU離脱の完了を公約にしたジョンソン首相の保守党が圧勝した。選挙結果については既に報じている通りだが、前回の記事では負けた側についてほとんど書かなかったので、今回は保守党勝利の裏側について少しだけ報じておきたい。

続きを読む EU離脱阻止を公約にした自由民主党、党首が落選

英総選挙でジョンソン首相の保守党が圧勝した理由

12月12日のイギリス総選挙ではEU離脱を主導するボリス・ジョンソン首相の率いる与党保守党が過半数を獲得し勝利した。ジェレミー・コービン氏率いる野党労働党は大きく議席を減らした。コービン氏はEU離脱をめぐる国民投票の再実施を求めていた。

続きを読む 英総選挙でジョンソン首相の保守党が圧勝した理由

トランプ大統領は利下げ停止に感謝すべき

11月13日、アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)のパウエル議長は議会証言で現在の金利水準が適切であると述べ、今年3回行われた利下げを当面停止する意思を表明した。

これは中央銀行に金融緩和を要求し続けてきたトランプ大統領には不服の残る決定かもしれない。しかし2020年11月の大統領選挙を控え、実際にはトランプ大統領にとって最良の結果となったのではないか。もしかすると、トランプ氏も口では不平を言いながら内心ではほっとしているかもしれない。

続きを読む トランプ大統領は利下げ停止に感謝すべき

ガンドラック氏: トランプ氏は再選に出馬せずニュースメディアでも始めるだろう

2016年のアメリカ大統領選挙でトランプ氏の勝利を予想し、その後の相場予想も的中させている債券投資家ジェフリー・ガントラック氏が、New York Magazineのインタビューで2020年の大統領選挙におけるトランプ氏の再選を危ぶんでいる。それどころかトランプ大統領は再選に出馬しないと予想している。なかなか面白いのでここで紹介したい。

続きを読む ガンドラック氏: トランプ氏は再選に出馬せずニュースメディアでも始めるだろう

英首相候補ジョンソン氏、恋人のお気に入りのソファーにワインをこぼして口論になり、隣人に通報される

またイギリスで面白いニュースが流れている。イギリスではEUとのBrexit交渉が不首尾に終わったテリーザ・メイ首相の辞任表明に伴い、与党保守党の次期党首選が行われているが、最有力候補とされるボリス・ジョンソン氏が恋人との口論を隣人に通報されニュースになっている。

続きを読む 英首相候補ジョンソン氏、恋人のお気に入りのソファーにワインをこぼして口論になり、隣人に通報される

ドラッケンミラー氏、2020年大統領選のトランプ氏敗北と株価暴落を予想

少し気が早いが、ジョージ・ソロス氏のクォンタムファンドを率いたことで有名なスタンリー・ドラッケンミラー氏が2020年の大統領選挙について予想しているので、紹介したい。CNBC(原文英語)が伝えている。

続きを読む ドラッケンミラー氏、2020年大統領選のトランプ氏敗北と株価暴落を予想