「ルーブル」カテゴリーアーカイブ

ロシア、金本位制の復活を検討: 紙幣からの逃避の始まり

ロシアのウラジミール・プーチン大統領の報道官ドミトリー・ペスコフ氏は、プーチン氏がロシアの通貨ルーブルを金価格に対して固定することを議論していると明らかにした。いわゆる金本位制度の復活を示唆したということである。

続きを読む ロシア、金本位制の復活を検討: 紙幣からの逃避の始まり

サマーズ氏: ロシアは対露制裁でむしろ儲かっている

アメリカの元財務長官でマクロ経済学者のラリー・サマーズ氏がBloombergのインタビューで、ウクライナ危機後のロシアについて面白いことを語っている。

続きを読む サマーズ氏: ロシアは対露制裁でむしろ儲かっている

ポズサー氏: 預金と国債の時代からゴールド保有の時代へ

クレディ・スイスの短期金利ストラテジストであるゾルタン・ポズサー氏がFinancial Repression Authorityのインタビューで2022年からの通貨革命について語っている。前にも言ったが、彼はクレディ・スイスに置いておくには勿体無い逸材である。

続きを読む ポズサー氏: 預金と国債の時代からゴールド保有の時代へ

ロシア国債の買いを開始、金利7%

現在、世界の金融市場は中途半端な状況にある。期待されていた米中通商合意の第一段階は期待外れに終わったが、金融市場にとってはその方がプラスとなることは述べた通りである。

この結果を受けてしばらく考えていたが、結論としてはロシア国債を徐々に買い始めることにした。

続きを読む ロシア国債の買いを開始、金利7%

ロシア大使との会話を巡ってフリン大統領補佐官が辞任に追い込まれる

メディアと多国籍企業だけが騒いでいる中東からの入国禁止令を除けば、トランプ政権初の失態と言える。大統領補佐官に指名され、国家安全保障問題を担当していたマイケル・フリン氏が2月13日に辞任した。

続きを読む ロシア大使との会話を巡ってフリン大統領補佐官が辞任に追い込まれる

ジム・ロジャーズ氏: ロシア市場くらいしか買えるものがない

ジョージ・ソロス氏とともにクォンタム・ファンドを立ち上げた著名投資家ジム・ロジャーズ氏が、トランプ相場で不透明になりゆく世界の金融市場についてコメントしている。Business Standard(原文英語)が報じている。

世界中を実際に旅しながら相場観を養ったロジャーズ氏らしく、アメリカのみならずインド、ロシアなどに言及するグローバルマクロ的内容になっている。

続きを読む ジム・ロジャーズ氏: ロシア市場くらいしか買えるものがない

2017年はロシア市場こそがレーガノミクス上げ相場の再来となる

2017年、トランプ相場でアメリカの利上げの行方が話題になっており、利上げは資産価格に悪影響を及ぼすため、投資家は警戒しながら米国株の行方を見守っている。利上げは一般的に資産を買う状況として最適ではないが、しかし世界にはその逆を行おうとしている国がある。ロシアである。

トランプ相場はしばしばレーガノミクスと比べられているが、しかし2017年はロシア株の方がレーガノミクスの上げ相場に似ていると言えるだろう。

続きを読む 2017年はロシア市場こそがレーガノミクス上げ相場の再来となる

トランプ氏が対ロシア経済制裁解除を示唆、実現ならルーブル急上昇か

ドナルド・トランプ新大統領は、2014年のロシアによるクリミア併合以来、アメリカがロシアに課してきた経済制裁をトランプ政権が解除する可能性に言及した。実現すれば投資家にとって大きな投資機会となる可能性がある。

続きを読む トランプ氏が対ロシア経済制裁解除を示唆、実現ならルーブル急上昇か