「ニュース」カテゴリーアーカイブ

12月FOMC会合結果: 利上げ3回示唆でタカ派に転換も株価は上昇

アメリカの中央銀行であるFed (連邦準備制度)は12月14日から15日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、前回の会合で決定したテーパリング(量的緩和縮小)を加速することを決定した。

続きを読む 12月FOMC会合結果: 利上げ3回示唆でタカ派に転換も株価は上昇

アメリカ、テーパリング加速を示唆 株価暴落に向けて加速へ

さてようやくインフレ相場らしくなってきたではないか。アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は今月ようやくテーパリング(量的緩和縮小)の開始を決定したところだが、今後はテーパリングの速度を早めるべきだとの声が複数の内部者から出ている。

続きを読む アメリカ、テーパリング加速を示唆 株価暴落に向けて加速へ

中国、電力不足深刻化でろうそくが大人気

冗談みたいなタイトルだが、冗談ではない。中国では脱炭素政策によって電力供給の主力だった石炭発電が制限され、深刻な電力不足に陥っており、特に東北の地域では住宅でも工場でも停電に見舞われている。

続きを読む 中国、電力不足深刻化でろうそくが大人気

タカ派の連銀総裁2人が在職中の株取引問題で辞任 金融政策は緩和寄りへ

米国時間9月27日、ボストン連銀総裁のエリック・ローゼングレン氏とダラス連銀総裁のロバート・カプラン氏が辞任を表明した。ローゼングレン氏は肝臓の健康問題のためと主張しているが、両氏は在職中の株取引問題で非難されており、直接的な理由はそのためだろう。

投資家にとって重要なのは、この連銀総裁らが2人とも早期テーパリング(量的緩和縮小)を支持するタカ派であるということである。

続きを読む タカ派の連銀総裁2人が在職中の株取引問題で辞任 金融政策は緩和寄りへ

中国地方政府が恒大集団の一部資金を差し押さえ

中国最大級の不動産ディベロッパーである恒大集団は、中国のGDP2%分の負債を抱えてデフォルトの危機に瀕しており、破綻を回避するためには中国政府による救済が必要となりそうな事態になっているため、中国政府がどう対応するのかが金融市場の注目の的になっていたが、1つの答えが出たようである。

続きを読む 中国地方政府が恒大集団の一部資金を差し押さえ

9月FOMC会合結果: テーパリング開始発表せず、恒大集団は中国の問題

アメリカの中央銀行であるFedは9月21日から22日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を開き、金融政策の現状維持を決定した。論点となっていたテーパリング(量的緩和縮小)については発表を見送った。

続きを読む 9月FOMC会合結果: テーパリング開始発表せず、恒大集団は中国の問題

タカ派のセントルイス連銀総裁、今月のテーパリング発表の支持撤回か

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は今月21日から22日までFOMC会合を開き金融政策を決定するが、以前この会合でテーパリング(量的緩和縮小)を発表すべきだと主張していたセントルイス連銀総裁のブラード氏が、弱い雇用統計を受けて今月のテーパリング発表への支持を弱めるかのような発言をしている。

続きを読む タカ派のセントルイス連銀総裁、今月のテーパリング発表の支持撤回か