「ニュース」カテゴリーアーカイブ

タカ派のセントルイス連銀総裁、今月のテーパリング発表の支持撤回か

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は今月21日から22日までFOMC会合を開き金融政策を決定するが、以前この会合でテーパリング(量的緩和縮小)を発表すべきだと主張していたセントルイス連銀総裁のブラード氏が、弱い雇用統計を受けて今月のテーパリング発表への支持を弱めるかのような発言をしている。

続きを読む タカ派のセントルイス連銀総裁、今月のテーパリング発表の支持撤回か

6月FOMC会合結果で株式市場が下落した理由

米国時間6月15日から16日にかけてアメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合を開催し、政策金利の現状維持を決定した。

ここまでは当然市場の想定通りだが、アメリカで進行するインフレを受けての今後の利上げ・金融緩和縮小の見通しはどうなっただろうか。

続きを読む 6月FOMC会合結果で株式市場が下落した理由

インフレ止まらぬトルコ、大統領の利下げ要求でリラ急落

トルコがインフレと景気後退の板挟みになっている。利下げをすれば物価高騰が止まらなくなり、利上げをすれば経済が墜落する。トルコ経済の話は日本の読者にとって身近ではないが、何故これを報じるかと言えば、アメリカ経済がそれに近い場所に差し掛かっているからである。

続きを読む インフレ止まらぬトルコ、大統領の利下げ要求でリラ急落

4月FOMC会合結果: パウエル議長のインフレ無視は続く コモディティバブル継続へ

米国の中央銀行であるFed(連邦準備制度)は4月27日から28日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、政策金利と量的緩和政策の維持を決定した。

そこまでは市場の予想通りである。この会合で何か政策が変更されるとは思われていなかった。しかし問題なのは今後の金融政策についてパウエル議長がどう思っているかである。

続きを読む 4月FOMC会合結果: パウエル議長のインフレ無視は続く コモディティバブル継続へ

元ECB総裁ドラギ氏、イタリア新政権樹立要請を受諾

2011年から2019年までユーロ圏の中央銀行であるECB(欧州中央銀行)の総裁を務め、量的緩和に踏み切るなど緩和的な金融政策で市場から「スーパーマリオ」などと呼ばれた経済学者マリオ・ドラギ氏がイタリア大統領マッタレッラ氏からの組閣要請を受諾した。

続きを読む 元ECB総裁ドラギ氏、イタリア新政権樹立要請を受諾

メルケル首相: SNS大手のトランプ氏アカウント停止は問題

新型コロナウィルスの流行がもはや制御不能なものとなるなか、米国の政治は混乱を極めている。2020年の大統領選で敗北したドナルド・トランプ大統領は選挙結果を長らく否定していたが、最近ようやく政権移譲に同意した。

続きを読む メルケル首相: SNS大手のトランプ氏アカウント停止は問題

大統領選挙速報: 最後の一瞬、バイデン氏に逆転の兆し

アメリカでは2020年大統領選挙が行われているが、結局今日は1日がかりで開票となった。票数のカウントも大詰めであり、当選確実が宣言されていない州はPoliticoのデータで7州のみとなった。

続きを読む 大統領選挙速報: 最後の一瞬、バイデン氏に逆転の兆し

アメリカ大統領選挙結果速報: トランプ氏再選がほぼ決定へ

引き続きアメリカ大統領選挙の速報をリアルタイムでお伝えしている。初期の段階でフロリダなど重要な州でトランプ氏が勝利を収めたことは伝えた通りである。

そしてその後も開票結果はトランプ氏に有利な様子となっている。このまま行けばトランプ大統領の再選となるだろう。

続きを読む アメリカ大統領選挙結果速報: トランプ氏再選がほぼ決定へ