「Fed」タグアーカイブ

5月FOMC結果、2018年世界同時株安時の2倍の規模の量的引き締め開始

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は5月3日から4日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、0.5%の利上げと量的引き締めの開始を決定した。

続きを読む 5月FOMC結果、2018年世界同時株安時の2倍の規模の量的引き締め開始

金利先物市場、5月の0.50%利上げをほぼ完全に織り込み

アメリカは物価高騰を抑制するために利上げを進めている。最終的に何処まで利上げするのかが注目されがちだが、来週にはFOMC会合がある。足元の1回1回の利上げについても注目してゆこう。

続きを読む 金利先物市場、5月の0.50%利上げをほぼ完全に織り込み

アメリカは5月に0.5%利上げかつ「かなり急速な」量的引き締め開始か

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は急速にタカ派にシフトしている。少し前まで「インフレは一時的」と主張していたのが嘘のようである。

続きを読む アメリカは5月に0.5%利上げかつ「かなり急速な」量的引き締め開始か

3月FOMC会合結果は利上げ開始、政策金利は年内に2%以上となり株価暴落へ

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間3月15日から16日にかけて金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、コロナ後初の利上げを決定した。株式市場を崩壊させる止められない利上げの始まりである。

続きを読む 3月FOMC会合結果は利上げ開始、政策金利は年内に2%以上となり株価暴落へ

パウエル議長、ウクライナ危機でも3月の利上げ方針を改めて表明

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)のパウエル議長は3月2日の議会証言で、ウクライナ情勢に懸念を示したものの、今月のFOMC会合における利上げ方針を改めて表明した。当たり前だが、ロシアのウクライナ侵攻でも利上げと量的引き締めはするということである。

続きを読む パウエル議長、ウクライナ危機でも3月の利上げ方針を改めて表明

アメリカ、2018年の株価暴落を引き起こした量的引き締めを発表

やってしまったと言うか、他にどうしようもなかったと言うか、どうだろうか。アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を米国時間1月26日に発表し、政策金利の維持を決定した。

しかし問題は同時に発表された量的引き締めである。

続きを読む アメリカ、2018年の株価暴落を引き起こした量的引き締めを発表

ガンドラック氏: 12才児よりも愚かな中央銀行の存在意義が分からない

DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が自社主催の会議で皮肉を飛ばしまくっている。親しい人々と話しているためか、Bloombergなどでのインタビューよりも自由に話しており、いつものインタビューより見ものになっている。

続きを読む ガンドラック氏: 12才児よりも愚かな中央銀行の存在意義が分からない

12月FOMC会合結果: 利上げ3回示唆でタカ派に転換も株価は上昇

アメリカの中央銀行であるFed (連邦準備制度)は12月14日から15日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、前回の会合で決定したテーパリング(量的緩和縮小)を加速することを決定した。

続きを読む 12月FOMC会合結果: 利上げ3回示唆でタカ派に転換も株価は上昇

パウエル議長、ついに「一時的」を撤回しテーパリング加速を示唆

予想通りの展開である。Fed(連邦準備制度)のパウエル議長は火曜日の議会証言で11月にスタートしたテーパリング(量的緩和縮小)を加速させることを示唆した。

続きを読む パウエル議長、ついに「一時的」を撤回しテーパリング加速を示唆

アメリカ、テーパリング加速を示唆 株価暴落に向けて加速へ

さてようやくインフレ相場らしくなってきたではないか。アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は今月ようやくテーパリング(量的緩和縮小)の開始を決定したところだが、今後はテーパリングの速度を早めるべきだとの声が複数の内部者から出ている。

続きを読む アメリカ、テーパリング加速を示唆 株価暴落に向けて加速へ