「米国の株式市場」カテゴリーアーカイブ

ガンドラック氏: アメリカの利上げは次が最後 そうでなければ株価は崩壊へ

DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がUBSによるインタビューでアメリカの利上げについて語っている。

続きを読む ガンドラック氏: アメリカの利上げは次が最後 そうでなければ株価は崩壊へ

ガンドラック氏: 景気後退入りは保証されている

経済学者のラリー・サマーズ氏は最近アメリカ経済に対していくらか楽観的な見方を示した。

一方で、DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏が自社のRound Tableでアメリカ経済に対して強烈に弱気な見方を示している。今回はそちらを紹介したい。

続きを読む ガンドラック氏: 景気後退入りは保証されている

サマーズ氏: ソフトランディングは可能かもしれない

アメリカの元財務長官でマクロ経済学者のラリー・サマーズ氏が世界経済フォーラム(通称ダボス会議)でBloombergのインタビューを受けている。

利上げ後のアメリカ経済に長らく悲観的だったサマーズ氏の調子が明らかに変わっているので紹介したい。

続きを読む サマーズ氏: ソフトランディングは可能かもしれない

ポジャール氏: 2023年、アメリカは量的緩和を再開するが株価は上がらない

いつも興味深い分析を公開してくれるクレディスイスの短期金利戦略グローバル責任者ゾルタン・ポジャール氏の今年最初のレポートである。

彼の今年のテーマは、現在量的引き締めを行なっているアメリカの量的緩和再開らしい。

続きを読む ポジャール氏: 2023年、アメリカは量的緩和を再開するが株価は上がらない

ドル円チャートに2018年世界同時株安やリーマンショック時と同じ株価暴落の兆候あり

年始早々、ドル円の動きに非常に面白い兆候が表れているので紹介したい。やはり2023年の世界経済は酷い状態になりそうだ。

続きを読む ドル円チャートに2018年世界同時株安やリーマンショック時と同じ株価暴落の兆候あり

暴落した米国ハイテク株は割安と言えるか

2022年に始まったインフレ相場も半ばに差し掛かっている。2022年はインフレ率高騰と金利上昇の年、そして2023年はインフレ率急落と不況の年である。

そこで今回考えたいのは、2022年に半値ほどに暴落したハイテク株は割安と言えるのかということである。

続きを読む 暴落した米国ハイテク株は割安と言えるか

2023年著名投資家の相場予想まとめ: 株式、ドル、金利、インフレ率

12月21日に亡くなったスコット・マイナード氏の最後のインタビューを訳し終わってしまったので、2023年の著名投資家や専門家の金融市場予想について纏めておこうと思う。2022年は物価高騰やウクライナ情勢など激動の年だったが、2023年はどうなるだろうか。

続きを読む 2023年著名投資家の相場予想まとめ: 株式、ドル、金利、インフレ率

マイナード氏の米国株の推移予想: 利益と株価収益率の下落で2023年は暴落へ

Guggenheim Partnersのスコット・マイナード氏がBloombergのインタビューで米国株の適正水準を計算している。そして彼の計算によれば、その結果は株式投資家にとって良いものではなさそうだ。

続きを読む マイナード氏の米国株の推移予想: 利益と株価収益率の下落で2023年は暴落へ