「米国の株式市場」カテゴリーアーカイブ

暗号通貨取引所のCoinbase上場、規制リスクを除けば株価は非常に割安

ビットコインなどの暗号通貨の取引所を運営するCoinbase Global(NASDAQ:COIN)が4月14日、IPOを果たした。暗号通貨の取引所としては初の株式市場への上場となる。暗号通貨関連銘柄に投資したい投資家には1つ選択肢が増えたわけである。

続きを読む 暗号通貨取引所のCoinbase上場、規制リスクを除けば株価は非常に割安

止まらないインフレ、米国で住宅価格が暴騰中

コロナ禍における金融緩和と財政出動による過剰な資金がアメリカの金融市場と経済に流入している。金融市場では貴金属や穀物などのコモディティ価格が高騰しており、足元の経済でも日用品の物価が上がり始めていることは何度も報じている通りである。

そしてアメリカでは同時にコロナ禍には意外な資産まで値上がりしている。不動産である。しかもアメリカだけでなく、イギリスやオーストラリアでも起こっているグローバルな現象であるらしい。

続きを読む 止まらないインフレ、米国で住宅価格が暴騰中

金利上昇で下落するハイテク株、上昇する金融株

金融市場ではここのところインフレ懸念による金利上昇が話題となっている。低金利に支えられてきた株式市場にとっては金利上昇は一大事なのである。

一方で株式市場をセクターごとに見てゆくとその影響は様々である。今回の記事では高金利の影響をセクターごとに見ていきたい。

続きを読む 金利上昇で下落するハイテク株、上昇する金融株

ガンドラック氏: 金利上昇で株価下落の新トレンドへ

株式市場が少し荒れている。株価下落の原因は米国市場で金利が上昇していることである。

そして債券投資家のジェフリー・ガンドラック氏はこのトレンドが一過性のものではないとTwitterで指摘している。

続きを読む ガンドラック氏: 金利上昇で株価下落の新トレンドへ

ドラッケンミラー氏、Microsoftの買いを大幅増額

前回に引き続き機関投資家の米国株買いポジションを開示するForm 13Fの解説である。今回はジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドを長年率いたことで有名なスタンレー・ドラッケンミラー氏のDuquesne Family Officeのポジションを眺めてみたい。

続きを読む ドラッケンミラー氏、Microsoftの買いを大幅増額

世界最大のヘッジファンド、米国株高配当銘柄の買いを倍増

2月も半ばになり機関投資家の米国株買いポジションを開示するForm 13Fが公開され始めている。まずはレイ・ダリオ氏率いる世界最大のヘッジファンドBridgewaterのポジションから報じたい。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド、米国株高配当銘柄の買いを倍増

ドラッケンミラー氏: ハイテク株は割安、まだ上がる

ジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドを長年率いた著名ファンドマネージャー、スタンレー・ドラッケンミラー氏のGoldman Sachsによるインタビューの続きである。

続きを読む ドラッケンミラー氏: ハイテク株は割安、まだ上がる

ガンドラック氏: Gamestop株が暴騰した本当の理由

ここ数日話題になっているが、アメリカの株式市場でGamestop (NYSE:GME)の株式が20ドルから500ドル近くまで暴騰し、そこから再び100ドル以下まで暴落した。この銘柄にはヘッジファンドなどが空売りを浴びせていたとされており、詳しくは後述するがこの空売りが踏み上げにあったことでヘッジファンドが大損したのである。

続きを読む ガンドラック氏: Gamestop株が暴騰した本当の理由