カテゴリー別アーカイブ: 株式市場

トランプ大統領は利下げ停止に感謝すべき

11月13日、アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)のパウエル議長は議会証言で現在の金利水準が適切であると述べ、今年3回行われた利下げを当面停止する意思を表明した。

これは中央銀行に金融緩和を要求し続けてきたトランプ大統領には不服の残る決定かもしれない。しかし2020年11月の大統領選挙を控え、実際にはトランプ大統領にとって最良の結果となったのではないか。もしかすると、トランプ氏も口では不平を言いながら内心ではほっとしているかもしれない。

続きを読む トランプ大統領は利下げ停止に感謝すべき

米中貿易戦争、合意なら株価暴落か

米国株を中心とする世界の株式市場はここ半年ほど米中貿易戦争とイギリスEU離脱が株価にとって最大の問題で、それさえ解決すれば株価が下落する理由はない、という建前のもとで上昇してきた。

続きを読む 米中貿易戦争、合意なら株価暴落か

Teslaの株価が空売り可能圏内に突入

世界的に株価がバブルに突入しつつあるが、筆者はまだ株価指数を空売りする気はない。しかし個別株のなかにはかなり高値になった銘柄がいくつか存在するので、今回はその1つを紹介したい。

続きを読む Teslaの株価が空売り可能圏内に突入

世界最大のヘッジファンド: 米国株は買われすぎではない

ここ何ヶ月も金融市場があまり動いていないので著名投資家のコメントも少なめだったが、世界最大のヘッジファンドBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏がグリニッジ経済フォーラムで久々にコメントを出しているので紹介したい。ダリオ氏らしく言葉を選んでいるが、暗喩していることはむしろ鮮烈である。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド: 米国株は買われすぎではない

2020年に向けての株式市場の推移予想

さて、2018年の世界同時株安以来上にも下にも行っていない株式市場だが、Brexitや米中貿易戦争の落とし所が見えてくるにつれて株式市場も上なのか下なのか結論を出そうとしているように見える。株式市場についてはこれまで少しずつ触れてきたが、ここで一度今後の動向について纏めてみよう。

続きを読む 2020年に向けての株式市場の推移予想

ビットコイン価格下落中、株安の前触れか

主要な市場は相変わらずあまり動いていないので、今回は動いている他の市場を取り上げよう。ビットコイン相場である。

続きを読む ビットコイン価格下落中、株安の前触れか

世界経済の成長は株価に依存している

世界経済が鈍化している。2018年に世界同時株安が起こったとき、実体経済はむしろ絶好調だった。しかしそれから1年が経過し、世界経済は本当に鈍化しつつある。

大手メディアでは、世界経済が鈍化し始めているから株価が急落したのだということになっている。しかし実際には因果関係が逆である。株価が下落したから世界経済が鈍化し始めたのである。

続きを読む 世界経済の成長は株価に依存している

2019年後半以降の株式市場・ドル円の推移動向予想

株式市場とドル円については随時記事にしているが、ここで一度今後の動向について纏めておきたいと思う。

続きを読む 2019年後半以降の株式市場・ドル円の推移動向予想

9月FOMC会合は利下げ続行か、その後の相場の動きに注目

アメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)は米国時間9月17日から18日までFOMC会合を開き、金融政策を決定する。いつも通り市場の織り込む利下げ確率やその後の展望について説明したい。

続きを読む 9月FOMC会合は利下げ続行か、その後の相場の動きに注目

ECB、量的緩和再開を決定、今後の相場の試金石に

9月12日、ECB(ヨーロッパ中央銀行)は金融政策決定会合を開き、既にマイナスとなっていた中銀預金金利を-0.4%から-0.5%に利下げし、量的緩和を再開することを決定した。量的緩和の規模は月額200億ユーロで、無期限の措置である。

続きを読む ECB、量的緩和再開を決定、今後の相場の試金石に