カテゴリー別アーカイブ: 債券市場

金融関係者の間でロシア国債が話題に

蓋を開けてみれば2019年で一番安定した投資先はロシア国債だったのかもしれない。

続きを読む 金融関係者の間でロシア国債が話題に

トランプ大統領は利下げ停止に感謝すべき

11月13日、アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)のパウエル議長は議会証言で現在の金利水準が適切であると述べ、今年3回行われた利下げを当面停止する意思を表明した。

これは中央銀行に金融緩和を要求し続けてきたトランプ大統領には不服の残る決定かもしれない。しかし2020年11月の大統領選挙を控え、実際にはトランプ大統領にとって最良の結果となったのではないか。もしかすると、トランプ氏も口では不平を言いながら内心ではほっとしているかもしれない。

続きを読む トランプ大統領は利下げ停止に感謝すべき

10月FOMC結果: 完全に職務放棄したパウエル議長

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間10月29-30日に金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、0.25%の利下げを決定した。

いつものように声明文を見てゆくが、語るべきことがほぼ何もない。何故ならば、パウエル議長は実質的に何もしていないからである。

続きを読む 10月FOMC結果: 完全に職務放棄したパウエル議長

アメリカ「量的緩和」再開の相場への影響は?

9月12日にECB(欧州中央銀行)が量的緩和を再開したことに引き続いて、10月11日にアメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)もバランスシートの拡大再開を決定した。

タイトルに「量的緩和」と括弧を付けているのは、Fedのパウエル議長がこの措置を「量的緩和と混同してはならない」と主張しているからである。しかし量的緩和の定義とは資産買い入れによるバランスシートの拡大ではなかっただろうか。

続きを読む アメリカ「量的緩和」再開の相場への影響は?

米国、実質的に量的緩和の再開を宣言

10月11日、米国の中央銀行であるFedは債券買い入れによりバランスシートを拡大することを発表した。要するに中銀が国債を市場から買うことによって市場に資金を注入するということであり、少し前まではそれは量的緩和と呼ばれていた。しかしパウエル議長は今回これを量的緩和とは呼びたくないようである。

続きを読む 米国、実質的に量的緩和の再開を宣言

パウエル議長、バランスシートの拡大再開を示唆、レポ市場の混乱で

アメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)のパウエル議長がバランスシートの拡大を再開することを示唆した。昨年にはバランスシートの縮小を進め、利上げも限界まで行う姿勢であった議長の発言とは思えないが、市場参加者の多くは去年のことなど忘れているかもしれない。

続きを読む パウエル議長、バランスシートの拡大再開を示唆、レポ市場の混乱で

2019年後半以降の株式市場・ドル円の推移動向予想

株式市場とドル円については随時記事にしているが、ここで一度今後の動向について纏めておきたいと思う。

続きを読む 2019年後半以降の株式市場・ドル円の推移動向予想

9月FOMC会合結果はややタカ派、利下げは決定

米国時間9月18日、アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合を開き、政策金利のレンジを1.75%-2.00%へ0.25%利下げすることを決定した。

続きを読む 9月FOMC会合結果はややタカ派、利下げは決定

9月FOMC会合は利下げ続行か、その後の相場の動きに注目

アメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)は米国時間9月17日から18日までFOMC会合を開き、金融政策を決定する。いつも通り市場の織り込む利下げ確率やその後の展望について説明したい。

続きを読む 9月FOMC会合は利下げ続行か、その後の相場の動きに注目

ECB、量的緩和再開を決定、今後の相場の試金石に

9月12日、ECB(ヨーロッパ中央銀行)は金融政策決定会合を開き、既にマイナスとなっていた中銀預金金利を-0.4%から-0.5%に利下げし、量的緩和を再開することを決定した。量的緩和の規模は月額200億ユーロで、無期限の措置である。

続きを読む ECB、量的緩和再開を決定、今後の相場の試金石に