「小麦」カテゴリーアーカイブ

景気後退懸念でコモディティ急落、インフレ第1波ピークへの第一歩

アメリカのインフレ率が9%に到達する中、コモディティ市場が急落している。

物価高騰の最中、何故エネルギー資源や金属や農作物などのコモディティが下落するのかと思うかもしれないが、まずそこから説明しよう。

続きを読む 景気後退懸念でコモディティ急落、インフレ第1波ピークへの第一歩

1974年の物価高騰で株価が暴落した時、ゴールドや原油などはどう動いたか?

インフレと株価暴落が同時に起こっている。金属やエネルギー資源、農作物などのコモディティ銘柄にとって、物価高騰は価格上昇要因だが、株安は下落要因である。

続きを読む 1974年の物価高騰で株価が暴落した時、ゴールドや原油などはどう動いたか?

ウクライナ危機の後に下落したコモディティは買いか?

さて、最近の記事では今後恐らく10年程度は続くであろうインフレの時代や、人々の資産の保有方法が貯金や国債からゴールドなどのコモディティに移るという長期の話をしてきた。

だがインフレを避けるためにコモディティを買うにしても、足元の相場の動きがどうなるのかを知る必要があるだろう。そこでこの記事では直近のコモディティの相場動向について確認してみたい。

続きを読む ウクライナ危機の後に下落したコモディティは買いか?

ウクライナ危機でコモディティ価格高騰、小麦を一部利確してシルバー買い

以前述べた通り株式市場にはほとんど影響を及ぼしていないロシアのウクライナ侵攻だが、エネルギー資源や金属、農作物などのコモディティ市場への影響は大きくなっている。

そこで各コモディティ銘柄のチャートの現状を再確認するとともに、筆者の保有するコモディティ買いポジションの今後について書きたい。

続きを読む ウクライナ危機でコモディティ価格高騰、小麦を一部利確してシルバー買い

世界同時株安でもコモディティが下落していない理由

2022年初めからの株価の下落は読者もよく知っているだろう。しかし同時に金属やエネルギー資源、農作物などのコモディティはどう推移しているだろうか?

続きを読む 世界同時株安でもコモディティが下落していない理由