「ジェローム・パウエル」タグアーカイブ

6月FOMC会合結果と今年の利下げ予想

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間6月12日に政策決定会合であるFOMC会合の結果を発表し、政策金利を5.25%に維持した。

金利の維持は予定通りだが、最近のインフレ動向にパウエル議長がどう反応するかが投資家に注目されていた。

続きを読む 6月FOMC会合結果と今年の利下げ予想

11月FOMC会合結果: 金利は維持、パウエル議長の利下げ否定を市場は信じず

米国時間11月1日、アメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)はFOMC会合の結果を発表し、2会合連続での政策金利の維持を決定した。

続きを読む 11月FOMC会合結果: 金利は維持、パウエル議長の利下げ否定を市場は信じず

9月FOMC会合結果はタカ派、引き締めを止めるべきタイミングを理解していないパウエル議長

米国時間9月20日、アメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を発表し、政策金利の維持を決定した。

金利の維持は市場の予想通りであり、今回より重要なのはドットプロットとパウエル議長の記者会見だろう。

続きを読む 9月FOMC会合結果はタカ派、引き締めを止めるべきタイミングを理解していないパウエル議長

5月FOMC会合結果、金利低下で株価下落となった理由

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は5月3日に金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を発表し、市場の予想通り0.25%の利上げを行なった。問題はこの利上げが最後になるかどうかである。

続きを読む 5月FOMC会合結果、金利低下で株価下落となった理由

2月FOMC会合結果で金利低下・ドル円下落の理由

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間2月1日に金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を発表した。アメリカの政策金利は4.25%から0.25%利上げされて4.50%となった。

続きを読む 2月FOMC会合結果で金利低下・ドル円下落の理由