「FOMC」タグアーカイブ

5月FOMC結果、2018年世界同時株安時の2倍の規模の量的引き締め開始

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は5月3日から4日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、0.5%の利上げと量的引き締めの開始を決定した。

続きを読む 5月FOMC結果、2018年世界同時株安時の2倍の規模の量的引き締め開始

金利先物市場、5月の0.50%利上げをほぼ完全に織り込み

アメリカは物価高騰を抑制するために利上げを進めている。最終的に何処まで利上げするのかが注目されがちだが、来週にはFOMC会合がある。足元の1回1回の利上げについても注目してゆこう。

続きを読む 金利先物市場、5月の0.50%利上げをほぼ完全に織り込み

アメリカは5月に0.5%利上げかつ「かなり急速な」量的引き締め開始か

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は急速にタカ派にシフトしている。少し前まで「インフレは一時的」と主張していたのが嘘のようである。

続きを読む アメリカは5月に0.5%利上げかつ「かなり急速な」量的引き締め開始か

3月FOMC会合結果は利上げ開始、政策金利は年内に2%以上となり株価暴落へ

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間3月15日から16日にかけて金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、コロナ後初の利上げを決定した。株式市場を崩壊させる止められない利上げの始まりである。

続きを読む 3月FOMC会合結果は利上げ開始、政策金利は年内に2%以上となり株価暴落へ

アメリカ、2018年の株価暴落を引き起こした量的引き締めを発表

やってしまったと言うか、他にどうしようもなかったと言うか、どうだろうか。アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を米国時間1月26日に発表し、政策金利の維持を決定した。

しかし問題は同時に発表された量的引き締めである。

続きを読む アメリカ、2018年の株価暴落を引き起こした量的引き締めを発表

12月FOMC会合結果: 利上げ3回示唆でタカ派に転換も株価は上昇

アメリカの中央銀行であるFed (連邦準備制度)は12月14日から15日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、前回の会合で決定したテーパリング(量的緩和縮小)を加速することを決定した。

続きを読む 12月FOMC会合結果: 利上げ3回示唆でタカ派に転換も株価は上昇

9月FOMC会合結果: テーパリング開始発表せず、恒大集団は中国の問題

アメリカの中央銀行であるFedは9月21日から22日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を開き、金融政策の現状維持を決定した。論点となっていたテーパリング(量的緩和縮小)については発表を見送った。

続きを読む 9月FOMC会合結果: テーパリング開始発表せず、恒大集団は中国の問題

7月FOMC会合結果がとりわけタカ派ではなかった理由

アメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)は7月27日から28日に金融政策決定会合であるFOMC会合を開き、現行の金融政策の維持を決定した。比較的穏やかなFOMC会合だったと言えるが、それには理由がある。

続きを読む 7月FOMC会合結果がとりわけタカ派ではなかった理由