「商品市場」カテゴリーアーカイブ

恒大集団倒産と中国不動産バブル崩壊で空売りすべき銘柄リスト

恒大集団の破綻危機と中国不動産バブルの崩壊懸念が金融市場で話題になっており、これまでも記事で取り上げてきた。

状況の概要は伝えているが、次に考えるべきは投資家がどうすれば良いのかということである。今回はそれについて書いてみたい。

続きを読む 恒大集団倒産と中国不動産バブル崩壊で空売りすべき銘柄リスト

8月米卸売物価指数のインフレは鈍化、デフレの兆し

9月10日に8月分のアメリカのPPI(卸売物価指数)が公開され、前月比年率で9.2%のインフレとなり、前回の15.1%から急減速した。言うまでもないが、インフレ減速の兆しと解釈すべき数字である。

続きを読む 8月米卸売物価指数のインフレは鈍化、デフレの兆し

低調な雇用統計、テーパリング懸念後退で金利上昇となった理由

注目していた読者も多いと思うが、9月3日に米国の8月分の雇用統計が発表された。失業率は5.2%(7月は5.4%)と悪くなかったが、問題は非農業部門労働者数である。

続きを読む 低調な雇用統計、テーパリング懸念後退で金利上昇となった理由

デルタ株はテーパリングを遅らせるか?

Fed(連邦準備制度)は利上げとテーパリング(量的緩和縮小)を考えている。

しかしテーパリング開始には懸念材料がある。デルタ株の感染拡大である。

続きを読む デルタ株はテーパリングを遅らせるか?

ジョージ・ソロス氏も米国株買い増し ビットコインで大儲けか

前回に引き続き機関投資家の米国株買いポジションを開示するForm 13Fである。前回はレイ・ダリオ氏率いるBridgewaterが米国株を買い増したことを報じた。

そして興味深いことにヘッジファンド業界の大御所であるジョージ・ソロス氏のSoros Fund Managementも米国株を買い増しているので今回はそちらを報じたい。

続きを読む ジョージ・ソロス氏も米国株買い増し ビットコインで大儲けか

ジム・ロジャーズ氏: 金融市場でまだ安いのはコモディティだけ

ジョージ・ソロス氏とともにクォンタム・ファンドを立ち上げたジム・ロジャーズ氏がNEWSRioのインタビューでインフレとコモディティについて語っている。

続きを読む ジム・ロジャーズ氏: 金融市場でまだ安いのはコモディティだけ

マイナード氏: イーサリウムはビットコインより良さそう

最近のビットコイン価格急落を見事予想したGuggenheim Partnersのスコット・マイナード氏がBloombergのインタビューで暗号通貨の先行きについてコメントしている。

続きを読む マイナード氏: イーサリウムはビットコインより良さそう