世界同時株安で長期金利低下、今後の市場動向は?

アメリカ発の世界同時株安が継続している。表向きの理由はFed(連邦準備制度)のパウエル議長の発言などだが、そうした直接的な材料がなかったとしても同じような動きになったことだろう。

続きを読む 世界同時株安で長期金利低下、今後の市場動向は?

ますます流動性相場の様相を見せる世界の金融市場

連日報じている通り、世界のあらゆる金融市場は画一的な動きを見せるようになっている。例えば米国株と原油価格がこれほど密接な相関関係を見せるのは、その2つの市場がともに急騰しともに暴落した2008年以来のことである。そしてその相関はメジャーな市場だけではなく、ビットコインなどの価格動向にも及んでいる。

何度も書いている通り、この奇妙な相関関係に着目することは今後の金融相場を予想する上で非常に重要になる。

続きを読む ますます流動性相場の様相を見せる世界の金融市場

ガントラック氏: ビットコイン相場が株価の動向を予測する

再び著名債券投資家ジェフリー・ガントラック氏の相場観である。昨年以来筆者の分析とガントラック氏の分析は考え方が一致することが多いが、CNBCのインタビュー(原文英語)でガントラック氏がまた筆者の数日前の記事と同じ観点で相場観を説明している。

続きを読む ガントラック氏: ビットコイン相場が株価の動向を予測する

米国金利上昇にもかかわらずドルが下落している理由

アメリカの金融政策を決定するFed(連邦準備制度)の利上げとバランスシート縮小という金融政策によってアメリカの長期金利が上昇し、株式市場も不安定になる中、ドルが下落している。為替相場の教科書では、金利が上昇する国の通貨は高金利を求める資金が流入することで上昇することになっているが、2018年には逆の現象となっている。

その原因は様々な批評家が様々な推測をしているが、どれも的を射ていないように思う。遅くはなってしまったが、筆者はその原因にようやく確信が持てたので、この記事で検証してみたい。

続きを読む 米国金利上昇にもかかわらずドルが下落している理由

ビットコインの価値は遠からずゼロになる

米国市場が休日だったこともあり相場が一時休止しているので、今日はビットコインの話でもしてみようと思う。アメリカの長期金利がより上昇するまでの息抜きである。

筆者は投資対象としてのビットコインに興味はないが、最近暗号通貨とブロックチェーン技術について詳しく知る機会があったので、人づてに聞いた話も含めて色々と書いてみよう。

続きを読む ビットコインの価値は遠からずゼロになる

ジム・ロジャーズ氏、ジャンク債下落予想が的中も大損失

これまで書いてきた通り、ここでは昨年から金融引き締め相場におけるジャンク債の下落を予想し、そして2月の世界同時株安でそれは的中した。

しかし筆者の他にジャンク債の下落を的中させた人物がいる。かつてジョージ・ソロス氏とともにクォンタム・ファンドを立ち上げた投資家ジム・ロジャーズ氏である。

続きを読む ジム・ロジャーズ氏、ジャンク債下落予想が的中も大損失

世界最大のヘッジファンド、欧州株空売りを先週比60%増額

2月2日から始まったアメリカ発の世界同時株安で、著名投資家のポジション動向が話題となっているが、市場が急落してから弱気に転換した世界最大のヘッジファンドBridgewaterが先週報じられた欧州株空売りのポジションを更に60%以上増額した。Bloomberg(原文英語)などが伝えている。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド、欧州株空売りを先週比60%増額

世界同時株安: 今後の大きな資金の流れを解説する

2018年2月初頭に始まったアメリカ発の世界同時株安だが、今後の動向を予測するためにはアメリカの(あるいは日本の)株式市場だけを見ていてはどうにもならない。根本的な原因となったアメリカ長期金利のチャートを見ることも勿論大事だが、それだけでもこの状況の全体図を見ることは出来ないのである。

したがって、この記事では世界中の様々な金融市場のチャートを見比べた上で、世界の資金の大きな流れがどうなっているのか、それが今後どのようになってゆくのかを解説したい。

続きを読む 世界同時株安: 今後の大きな資金の流れを解説する

パウエル議長が就任後初のスピーチ、世界同時株安は無視して利上げ継続へ

アメリカ発の世界同時株安が進んでいる。株価下落の原因は、これまで報じている通りアメリカ長期金利の上昇によって投資家の資金が株式から金利の上がった国債に流出したことである。

したがって市場の関心は、利上げとバランスシート縮小という金融引き締め政策を開始したイエレン前議長の後を引き継いだFed(連邦準備制度)のジェローム・パウエル新議長がこの市場下落にどう対応するかということだが、そのパウエル議長が就任後初の講演を行った。Fedの議長の講演は金融政策決定会合(FOMC会合)の声明文と同じように今後の金融政策の手がかりを示すものであるので、声明文と同じようにレビューしてゆきたい。

続きを読む パウエル議長が就任後初のスピーチ、世界同時株安は無視して利上げ継続へ

世界最大のヘッジファンド、株高予想を撤回、世界同時株安は数日では終わらない

アメリカ発の世界同時株安が進行する中、世界最大のヘッジファンドBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏は市場急落は一時的な調整であるとし、株高予想を崩していなかった。

しかし12日、LinkedIn(原文英語)において株高予想を撤回する発言をしているので、ここに紹介したい。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド、株高予想を撤回、世界同時株安は数日では終わらない

世界の金融市場における分析と実践