ドラッケンミラー氏: ハイテク株はまだ買えない、エネルギー株は安い

引き続きジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドを率いたことで有名なスタンレー・ドラッケンミラー氏のSohn Conferenceにおけるインタビューである。

今回は株式市場の各セクターについて語っている部分を紹介しよう。

続きを読む ドラッケンミラー氏: ハイテク株はまだ買えない、エネルギー株は安い

ドラッケンミラー氏: 株価が上昇したら空売りを再開する

引き続きジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドを運用したことで有名なスタンレー・ドラッケンミラー氏のSohn Conferenceにおけるインタビューである。

今回は現在の下落相場の先行きについて語っている箇所である。

続きを読む ドラッケンミラー氏: 株価が上昇したら空売りを再開する

ドラッケンミラー氏、ビットコインとゴールドの使い分けを語る

ジョージ・ソロス氏のSoros Fund Managementを運用していたことで有名なスタンレー・ドラッケンミラー氏が、Sohn Conferenceにおいてビットコイントレードと金トレードの違いについて説明している。

続きを読む ドラッケンミラー氏、ビットコインとゴールドの使い分けを語る

サマーズ氏: 景気後退でもインフレは下がらないかもしれない

アメリカの元財務長官でマクロ経済学者のラリー・サマーズ氏が、Bloombergのインタビューでアメリカの景気見通しについて語っている。

不謹慎で申し訳ないが、元々悲観的だった彼の予想がどんどん悲観的になっていて聞いていて面白い。

続きを読む サマーズ氏: 景気後退でもインフレは下がらないかもしれない

ドラッケンミラー氏: 今後6ヶ月でドル空売りへ

ジョージ・ソロス氏のSoros Fund Managementを率い、ポンド危機におけるポンド空売りで有名となったスタンレー・ドラッケンミラー氏が、Sohn Conferenceで今後のドル相場の見通しと空売りについて語っているので紹介したい。

続きを読む ドラッケンミラー氏: 今後6ヶ月でドル空売りへ

インフレに良く耐えているスイス、利上げ決定でスイスフラン急騰

FOMC会合などもあり少し遅くなったが、スイスフランに関して書いておこう。6月16日、スイスの中央銀行であるスイス国立銀行は政策決定会合で0.5%の利上げを決定し、政策金利はマイナス0.25%となった。

続きを読む インフレに良く耐えているスイス、利上げ決定でスイスフラン急騰

世界最大のヘッジファンド、インフレ株安で欧州株を57億ドル空売り

世界中で物価上昇が止まらず、金融引き締めで株価が下落する中、レイ・ダリオ氏の運用する世界最大のヘッジファンドBridgewaterが57億ドル分の欧州株空売りを行なっていることが明らかになった。Bloombergなどが報じている。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド、インフレ株安で欧州株を57億ドル空売り

6月FOMC会合結果は通常の3倍の0.75%利上げ 引き締め相場は続く

アメリカの中央銀行Fed(連邦準備制度)は米国時間6月14日から15日まで金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、通常の3倍の利上げ幅である0.75%の利上げを決定した。政策金利は1.5%まで上げられたことになる。

続きを読む 6月FOMC会合結果は通常の3倍の0.75%利上げ 引き締め相場は続く

世界の金融市場における分析と実践