カテゴリー別アーカイブ: 米国の債券市場

12月FOMC会合結果は空売り派への満額回答

アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は12月18日から19日にかけて金融政策決定会合であるFOMC会合を行い、今年4回目となる利上げを決定した。

続きを読む 12月FOMC会合結果は空売り派への満額回答

著名ファンドマネージャーらが12月FOMC会合の利上げの危険性を警告

2018年10月から始まった世界同時株安が継続している中、アメリカの中央銀行であるFed(連邦準備制度)は米国時間12月19日にFOMC会合において今年4度目の利上げを決定する可能性が高いと予想されている。

その直前となった今、複数の著名ファンドマネージャーが相次いで12月利上げの危険性について警告を発しているので紹介したい。

続きを読む 著名ファンドマネージャーらが12月FOMC会合の利上げの危険性を警告

世界最大のヘッジファンド: 世界同時株安はリーマンショックとは違う

世界同時株安が収まらない中、世界最大のヘッジファンドBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏が再び現在の状況についてコメントしているので紹介したい。Business Insider(原文英語)が伝えている。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド: 世界同時株安はリーマンショックとは違う

世界最大のヘッジファンドが世界同時株安の原因を語る

世界最大のヘッジファンドであるBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏が再び世界同時株安とその背景について語っているので紹介したい。金融市場ではFed(連邦準備制度)のパウエル議長の発言に反応して金利が低下しており、ダリオ氏はそれについてもコメントしている。

続きを読む 世界最大のヘッジファンドが世界同時株安の原因を語る

パウエル議長の致命的誤りが株式市場暴落の理由となる

アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)のパウエル議長がジャクソンホールで講演を行った。現在行われている利上げと量的引き締めというアメリカの金融引き締め政策を擁護する内容であり、引き締めの継続を宣言した。

大変残念ながら、彼の判断は間違っている。パウエル議長が彼の理屈で金融引き締めを続ければ、株式市場は確実に崩壊し、世界経済は不況に陥るだろう。

続きを読む パウエル議長の致命的誤りが株式市場暴落の理由となる

JPモルガンCEO: 長期金利は5%まで高騰する可能性あり

アメリカが未曾有の金融引き締めを続けるなか、JPモルガンのCEO、ジェイミー・ダイモン氏が長期金利の更なる高騰を警告している。世界の金融市場を左右するアメリカの長期金利は、2月に3%近くまで上昇したことで世界同時株安を引き起こしているがダイモン氏は5%まで上昇する可能性を示唆している。

続きを読む JPモルガンCEO: 長期金利は5%まで高騰する可能性あり

ドラッケンミラー氏: 量的緩和が深刻なデフレの原因となる

ジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドを率い、1992年のポンド危機でポンド空売りを行い成功したことで有名なスタンレー・ドラッケンミラー氏が、アレキサンダー・ハミルトン賞の授賞式でスピーチ(原文英語)をしている。今回は量的緩和について語った部分を紹介したい。

続きを読む ドラッケンミラー氏: 量的緩和が深刻なデフレの原因となる

2月に世界同時株安を引き起こした長期金利が再び上昇している

新興国とコモディティ相場における暴落については既に書いたので、今度は基本に戻り金利の話をしたい。日本の個人投資家がどれだけアメリカの金利をチェックしているかは分からないが、アメリカの金利は世界中のすべての資産価格を決めているのである。当然、ドル円や日本株もアメリカの金利によって上下する。

続きを読む 2月に世界同時株安を引き起こした長期金利が再び上昇している

株式市場崩壊を導く2018年後半のFOMC会合利上げ確率の一覧

恒例のFOMC会合が近づいているので、2018年後半のFOMC会合について、どのタイミングで何度利上げがあるのかということを一度纏めておきたいと思う。アメリカの中央銀行が世界の市場から毎月大量の資金を引き揚げ続けている現在の状況では、その引き締めがいつまで続くのかということが世界市場の命運を左右するからである。

続きを読む 株式市場崩壊を導く2018年後半のFOMC会合利上げ確率の一覧

トランプ大統領発言で円高ドル安、長期金利上昇となった理由

ドル円が急落した。トランプ大統領が中国のすべての輸入品に対して最大5000億ドルの関税を掛けると発言したこと、そしてFed(連邦準備制度)の利上げに対して不快感を表明したことから、一時113円台まで上昇していたドル円は一気に111円台前半まで下落した。

続きを読む トランプ大統領発言で円高ドル安、長期金利上昇となった理由