「原油」カテゴリーアーカイブ

ガンドラック氏: 株式も債券も下落する相場で何に投資すべきか

物価高騰を抑制するためにアメリカのFed(連邦準備制度)が金融引き締めを開始して以来、金融市場ではあらゆるものが下落している。利上げで株式も債券も両方下落するので、分散と思って両方買った投資家は酷い目に遭っている。

こういう相場では何に投資をすれば良いのか。DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がThe Market NZZのインタビューで説明している。

続きを読む ガンドラック氏: 株式も債券も下落する相場で何に投資すべきか

景気後退懸念でコモディティ急落、インフレ第1波ピークへの第一歩

アメリカのインフレ率が9%に到達する中、コモディティ市場が急落している。

物価高騰の最中、何故エネルギー資源や金属や農作物などのコモディティが下落するのかと思うかもしれないが、まずそこから説明しよう。

続きを読む 景気後退懸念でコモディティ急落、インフレ第1波ピークへの第一歩

1974年の物価高騰で株価が暴落した時、ゴールドや原油などはどう動いたか?

インフレと株価暴落が同時に起こっている。金属やエネルギー資源、農作物などのコモディティ銘柄にとって、物価高騰は価格上昇要因だが、株安は下落要因である。

続きを読む 1974年の物価高騰で株価が暴落した時、ゴールドや原油などはどう動いたか?

制裁で安くなったロシア産原油、欧米に転売される

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、日本を含む欧米諸国はロシア産のエネルギー資源の禁輸を行なっている。

これまで述べてきた通り、西側によるこうした措置でロシアは損をするどころかむしろ儲かっているのだが、今回の記事ではその内幕を詳しく見てみたい。

続きを読む 制裁で安くなったロシア産原油、欧米に転売される

EU、ロシア産原油を禁輸、パイプライン経由は除外 ソロス氏の警告届かず

ロシアによるウクライナ侵攻が続いていることを受け、EUはロシア産原油の禁輸でついに合意したものの、パイプライン経由で輸入するものについては禁輸から除外するとした。

ここの読者ならもうお分かりだと思うが、またEUは自殺的手段を選んでしまった。残念ながらこの決定はEUの首を絞めるだけでロシア経済には何の効果も及ぼさない。

続きを読む EU、ロシア産原油を禁輸、パイプライン経由は除外 ソロス氏の警告届かず

ウクライナ危機の後に下落したコモディティは買いか?

さて、最近の記事では今後恐らく10年程度は続くであろうインフレの時代や、人々の資産の保有方法が貯金や国債からゴールドなどのコモディティに移るという長期の話をしてきた。

だがインフレを避けるためにコモディティを買うにしても、足元の相場の動きがどうなるのかを知る必要があるだろう。そこでこの記事では直近のコモディティの相場動向について確認してみたい。

続きを読む ウクライナ危機の後に下落したコモディティは買いか?

ガンドラック氏: 原油価格は倍の200ドルまで上昇する

恐らくはその見方が妥当なのだろう。DoubleLine Capitalのジェフリー・ガンドラック氏がMagnifiによるインタビューで、ロシアのウクライナ侵攻を受けて急騰しているエネルギー価格にコメントした。

続きを読む ガンドラック氏: 原油価格は倍の200ドルまで上昇する

ウクライナ危機でコモディティ価格高騰、小麦を一部利確してシルバー買い

以前述べた通り株式市場にはほとんど影響を及ぼしていないロシアのウクライナ侵攻だが、エネルギー資源や金属、農作物などのコモディティ市場への影響は大きくなっている。

そこで各コモディティ銘柄のチャートの現状を再確認するとともに、筆者の保有するコモディティ買いポジションの今後について書きたい。

続きを読む ウクライナ危機でコモディティ価格高騰、小麦を一部利確してシルバー買い