カテゴリー別アーカイブ: 米国の株式市場

世界最大のヘッジファンド: 世界同時株安の原因は米国利上げ

世界同時株安が進行する中、世界最高のヘッジファンドBridgewaterを運用するレイ・ダリオ氏がCNBCのインタビュー(原文英語)で自身の相場観について語っているので紹介したい。

ただ、彼の発言は、10月の世界同時株安より前からここで述べてきているわたしの相場観とほとんど違っていないので、読者には真新しいものには映らないかもしれない。

続きを読む 世界最大のヘッジファンド: 世界同時株安の原因は米国利上げ

世界同時株安を脇にビットコインが久々の暴落中

読者も知っての通り、2018年後半の世界同時株安についての筆者の見解は急落が始まる前から変わっていない。

したがって日々の上下動を見ても特に付け足すことはない。しかし長らく6,000ドル近辺を底としてレンジ相場を繰り広げていたビットコイン価格が遂にその底値を割って急落しており、他の暗号通貨も追随して下げているので、そちらを少し報じてみたい。

続きを読む 世界同時株安を脇にビットコインが久々の暴落中

アメリカ経済の好景気が量的緩和バブル崩壊の原因となる

世界同時株安が続いているが、中心となっているのはアメリカなので、アメリカの実体経済が今どうなっているかについて説明してしまおう。丁度良いタイミングで7-9月期のGDP速報値が発表されている。

ここの読者には周知の事実だが、アメリカの実体経済は非常に好調である。ただ、世の中では「経済が好調だから株価は大丈夫」などという妄言が流布されているようだが、まったくの嘘である。むしろ好調なアメリカ経済こそが世界同時株安の原因となったのである。

続きを読む アメリカ経済の好景気が量的緩和バブル崩壊の原因となる

世界同時株安を予想できた理由と株価下落の原因

2018年10月に始まった世界同時株安について、一度纏めておこうと思う。

ここでは急落が起こる何ヶ月も前から株価が暴落する理由について詳しく説明してきたので、ここの読者には同じことの繰り返しになってしまうが、状況を整理することは必要だろう。

続きを読む 世界同時株安を予想できた理由と株価下落の原因

ドラッケンミラー氏が米国株空売り、バブル崩壊を予想

2018年10月の世界同時株安で市場がやや荒れている中、ジョージ・ソロス氏のクォンタムファンドを運用していた著名投資家のスタンレー・ドラッケンミラー氏がバブル崩壊の可能性について述べている。Business Insider(原文英語)などが伝えているので、ここで紹介したい。

続きを読む ドラッケンミラー氏が米国株空売り、バブル崩壊を予想

トランプ大統領は機関投資家からバブル崩壊の予報を受けている

これはニュースではなく筆者の個人的分析だが、先ず間違いないだろう。

続きを読む トランプ大統領は機関投資家からバブル崩壊の予報を受けている

遂に米国株にも減速の兆し

2018年2月の世界同時株安以来、アメリカの利上げとバランスシート縮小という金融引き締め政策が、世界の金融市場から資金を流出させていることを一貫して伝えてきた。

続きを読む 遂に米国株にも減速の兆し

リーマンショック以来の天井を形成中

さて、今は恐らく2008年の金融危機以来、もっとも面白く、もっとも重要なタイミングではないか。リーマンショック以後、量的緩和によって醸成されてきた巨大バブルが大天井を形成しようとしているからである。

続きを読む リーマンショック以来の天井を形成中

ジョージ・ソロス氏、淡々と米国株空売りを増額

引き続き、機関投資家のポジションを開示するForm 13Fである。前回はドラッケンミラー氏のポートフォリオを紹介した。

今回は彼の師にあたる著名投資家ジョージ・ソロス氏のSoros Fund Managementの開示情報を紹介する。

続きを読む ジョージ・ソロス氏、淡々と米国株空売りを増額

ドラッケンミラー氏、米国ハイテク株の買いを継続

機関投資家の米国株買いポジションを開示するForm 13Fが公開された。今回は、ジョージ・ソロス氏のクォンタム・ファンドを率いて1992年にポンド空売りを行い、最近ではトランプ相場をいち早く予測したスタンレー・ドラッケンミラー氏のポートフォリオを取り上げたい。

続きを読む ドラッケンミラー氏、米国ハイテク株の買いを継続