タグ別アーカイブ: FOMC

3月FOMC会合、ドルは上下両方にリスクシナリオあり

アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は3月20日から21日(米国時間)まで金融政策決定会合であるFOMC会合を開催し、新たに決定した金融政策を21日に公表する。

今回の会合はFedの新議長に就任したパウエル議長が率いる初のFOMC会合であり、株式市場が世界同時株安で揺れる中、投資家の注目を集める会合となっているが、今回の会合にはハト派(金融緩和寄り)、タカ派(金融引き締め寄り)の両方向にそれぞれリスクシナリオがあるので、それを説明したい。

続きを読む 3月FOMC会合、ドルは上下両方にリスクシナリオあり

1月FOMC会合結果、声明文は明確にタカ派、3月にリスクあり

1月30日から31日、アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)はFOMC会合を開き、政策金利を維持することを決定した。金利維持は市場の予想通りだが、これでFedの主張する2018年に4回の利上げを達成するためには3月の会合での利上げがほぼ必要となる形になった。

続きを読む 1月FOMC会合結果、声明文は明確にタカ派、3月にリスクあり

12月FOMC会合結果は織り込み済みの利上げ、反対票が暗示する2018年の混乱

12月13日、アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合で政策金利を0.25%上昇させる決定を下した。前回の記事で書いた通り、この決定は市場の予想通りである。

いつも通り、会合後に発表される声明文の内容や市場の反応などをレビューしてゆく。

続きを読む 12月FOMC会合結果は織り込み済みの利上げ、反対票が暗示する2018年の混乱

12月FOMC会合の利上げ見通しと次期議長パウエル氏への引き継ぎ

アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は、米国時間12月12-13日に金融政策決定会合であるFOMC会合を開催する。今回の会合では今年3回目となる利上げを行う見通しである。

続きを読む 12月FOMC会合の利上げ見通しと次期議長パウエル氏への引き継ぎ

11月FOMC会合を無風通過、次期議長はパウエル氏か

10月31日から11月1日まで米国の金融政策決定会合であるFOMC会合が開かれ、政策金利の維持を決定した。利上げは元々12月と考えられていたため、この結果は市場の予想通りである。

続きを読む 11月FOMC会合を無風通過、次期議長はパウエル氏か

9月FOMC会合結果はバランスシート縮小決定、ドル円相場の推移見通し

米国時間9月19日から20日に行われたアメリカの金融政策決定会合であるFOMC会合で、Fed(連邦準備制度)は自身のバランスシートの10月縮小開始を決定した。これまでも伝えているが、これは債券買い入れによりバランスシートの拡大を行なった量的緩和を逆戻しにするもので、量的引き締めと言うべき金融政策である。

続きを読む 9月FOMC会合結果はバランスシート縮小決定、ドル円相場の推移見通し

7月FOMC会合結果: バランスシート縮小の早期開始を強調も市場は信じず

米国時間7月26日、アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を発表した。

市場の予想通り利上げは見送りとなった。しかし今回の焦点は利上げではなく、バランスシート縮小の開始についてである。今回はイエレン議長の記者会見がないので、発表された声明文を見てゆきたい。

続きを読む 7月FOMC会合結果: バランスシート縮小の早期開始を強調も市場は信じず

7月26日FOMC会合がタカ派声明となるべき理由

米国時間7月26日、アメリカの中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)は金融政策決定会合であるFOMC会合の結果を発表する。

続きを読む 7月26日FOMC会合がタカ派声明となるべき理由

7月FOMC会合、利上げ予想と着目点、ドルの見通し

恒例行事ではあるが、米国時間7月25-26日にアメリカの金融政策決定会合であるFOMC会合が開催される。中央銀行に相当するFed(連邦準備制度)はリーマンショック以来初めての金融引き締めのプロセスにあり、投資家は今後の動向に注目している。

続きを読む 7月FOMC会合、利上げ予想と着目点、ドルの見通し

6月FOMC会合: 市場は利上げを予想、バランスシート縮小示唆あるか

トランプ相場が後退する中、米国利上げがこれまでのところは着々と進行しつつある。米国の金融政策を担うFed(連邦準備制度)は米国時間6月14日のFOMC会合で利上げを行うと予想されており、金融市場はこの結果をほぼ織り込んでいる。

続きを読む 6月FOMC会合: 市場は利上げを予想、バランスシート縮小示唆あるか